ISSUE

名古屋の海の豊かさを守ろう

深刻な環境問題となっている海洋プラスチック
汚染を食い止めるために、何ができるのか…。
美しい海を次世代に残すためにアイデアを募集。

example課題解決の方向例

  • プラスチックごみを
    減らす方法を生み出そう

  • プラごみの海洋流出を
    食い止める方法を生み出そう

  • 地域の水辺をクリーンに
    保つための方法を生み出そう

  • コロナ禍により経済活動や観光産業が停止した
    世界の沿岸部では
    それまではいなかった
    ジュゴンやウミガメなどの海洋生物が多数観測されました。
    人間と海の生きものたちの共生をあらためて考え、
    それを実現するアイデアも募集します。

※上記に関わらず、課題を解決できるアイデアを
自由に考えていただいて結構です。

data名古屋市の基礎データ

ごみ中の製品プラスチックと容器包装プラスチックの量

家庭から出るプラスチックごみ45,842トンの内訳

資源化された容器包装プラスチックの割合

※いずれのデータも平成30年度の名古屋市調査に基づき作成

名古屋市の取り組み

  • ●使い捨てプラスチックの削減に関する取り組み提案募集 (募集期間令和元年10月1日~11月29日)
  • ●名古屋市啓発物品の調達に係るプラスチックごみの削減に関する方針の策定 ・本市が市民等に配布する啓発物品の調達において考慮すべき事項を定め、使い捨てプラスチックの使用を可能な限り削減するよう努める。 ・調達する製品の素材についての基準を明記し、基準に適合する製品を選定するよう努める。